海外ノマド フリーランス 質問

海外在住フリーランスになって1年半!よく聞かれる質問をまとめました

日本で会社員を辞め、フリーランスになってフィリピンに移住して1年半が経ちました!

フリーランスとしてまだまだひよっこの自分ですが、仕事の幅も少しずつ広がって、ありがたいことに最近はいろいろと質問をいただく機会も増えました。

そこで今回は、海外在住フリーランスとしてよく聞かれる質問をブログで一度まとめておこうと思います。
将来海外在住フリーランスになることを検討している方に、一つの事例として何か参考になることがあれば嬉しいです。

みんな気になるお金事情も結構赤裸々に書いてますよ!

Q.どんな仕事をしているの?

  • ライティング
  • 動画編集
  • グラフィックデザイン

の3つの仕事を主にしています。
ごく稀にウェブマーケティング調査代行、小規模なWordpressサイトの代理構築、文字起こしなんかもやっています。

動画編集の実績はこちら
グラフィックデザインの実績はこちら

Q.仕事はどうやってゲットしているの?

主に

  • クラウドソーシング(ランサーズ
  • 過去のお客さんからの紹介
  • 知人から直接
  • ブログから問い合わせ

の4ルートで仕事を獲得しています。

Q.クラウドソーシングって稼げるの?

稼げる人はめちゃくちゃ稼げるみたいです。
私の場合はクラウドソーシングオンリーでは最高で月20万くらいでした。

私なりのランサーズ攻略法についてはこちらの記事をどうぞ!

Q.動画編集って難しい?

一概に言えませんが、編集スキル自体はやる気があれば身につけられる人が多いんじゃないかと思います。
テレビやYouTube等、映像を観るのが好きな人はとても入りやすいジャンルだと思います。

私なりの動画編集ノウハウについてはこちらの記事をどうぞ!

また、動画編集ソフトについては、需要が高いAdobe Premiereの場合は操作よりむしろ費用の方ががネックかもしれません。
Adobe Premiere含むAdobe CCソフトのお得な契約方法はこちらの記事で解説しています。

もう一つ、最近気づいたことですが、動画編集で最も市場価値が高いスキルは、もしかしたら編集スキルそのものよりも情報構成スキルの方かもしれないと考えています。

具体的には、視聴者に伝えたい情報をどんな流れで・どんな絵柄で・どんな演出で・どんな言葉で見せるかを、考えて提案し具体化するスキルです。

これについては今度また別記事で掘り下げてみたいと思います。

Q.どの仕事で一番稼いでいるの?

ライティングと動画編集が大体同じくらいで、グラフィックデザインはほとんどありません。
グラフィックデザインは定期の案件を持っていないため、仕事自体がほとんど発生しない状態です。

フリーランスになった当初はグラフィックデザインオンリーでランサーズのコンペにひたすら応募するスタイルでやっていましたが、才能がなかったのかあまりリピート依頼がなく。。
そんな経緯で、もっぱらライティングと動画編集になりました。

グラフィックデザイン関連の記事はこちらをどうぞ!

Q.ブログって稼げるの?

稼げる人はめちゃくちゃ稼げるみたいです。

私の場合はさっぱりで、Google AdSenseが月1,000円〜2,000円くらい、あとはごく稀にアフィリエイトの購入マージンが発生する程度です。

小遣いくらいになればいいなと思って始めましたが、考えが甘かったです。
やるならもっと本気でやらないといけないということがよくわかりました^^;

ただ、直接の稼ぎではないですが、ライティング案件に応募するときは「こういう文章を書く人です」という意味でポートフォリオ代わりに使えたり、ごく稀にブログ経由でお仕事の相談をいただくこともあります。

また、アクセス数や検索順位も少しずつ上がってきていて、やはり自分の文章を人に読んでもらえるのは嬉しいので、これからも人生の記録として地道に続けていくつもりです。

Q.ずばり、毎月いくらくらい稼いでいるの?

も、もう少し稼げるようになってから公表できればと…!(私のなかの小さな見栄の問題で。。)
その程度の額だということでお察しくださいm(_ _)m

ただ、今のやり方のままで毎日めちゃくちゃ頑張って仕事したとしても、おそらく収入は月30万くらいが限界じゃないかと見込んでいます。
今後はもう少しやり方を変えていく必要があると考えています。

Q.海外生活っていくらくらいかかるの?

フィリピンのドゥマゲテで暮らす私の場合、平均で月8万円くらい使っています。
出費の主な項目は以下です。

  • 家賃
  • 外食費
  • 食品・日用品費
  • 事業経費
  • 観光ビザ延長費
  • 交通費
  • 娯楽費
  • 通信費
  • キャッシング利用手数料、利息

私の場合は月収入の最低必要ラインは10万円くらいかなと思います。
もちろん、将来への貯蓄や緊急時の出費なども考えるともっとあった方がいいです。

私の1ヶ月の生活費詳細はこちらの記事でどうぞ!

Q.ビザはどうしているの?

観光ビザで滞在しています。
フィリピンはかなり特殊な国で、観光ビザでもなんと最長3年連続で滞在可能です。

ただ、半年ごとに申請が必要なECCの手続きが面倒なので、私は基本的には半年に一回出国(ビザラン)しています。

今年はコロナ禍で出国できないため、初のECC申請が必要になる予定です^^;

フィリピンの観光ビザの詳細はこちらの記事でどうぞ!

Q.税金はどうしているの?

私は日本で海外転出手続きをし住民票を抜いてきているため、日本での確定申告は発生しません。
さらに、フィリピン国内からも収入を得ていないため、フィリピンでも確定申告がない状態です。

つまり、所得に対する税金をどこにも払っていないことになりますが、実はこれはいわゆるグレーゾーンの状態です。

正確には、海外ノマドワーカー(母国からリモートで収入を得ながら住民登録をせず海外に滞在し続ける)という生き方が誕生してまだ年月が浅く、そこに対して日本・フィリピンともに収税のしくみが整えられていないため、税金を払いたくても払えない(ホワイトになりたくてもなれない)という状態です。

私はこの状態を解消したくて、海外転出したまま確定申告できないものかかなり調べまくったんですが、現状では日本・フィリピンどちらにおいてもその術がないということがわかりました。
※ただし日本に事務所などを構えていれば可能なようです。

まぁ確定申告していないといっても、その分国民健康保険や年金、つい最近でいうと定額給付金などの権利も失っているわけで、私のようにそもそも収入が微額の人だとむしろ損の方が大きいかもしれないんですが、それにしても自分がグレーの状態にあるというのはなんだか後ろめたさがあります。。

幸い収入が少しずつ安定してきたため、次に帰国した際には日本で住民登録を復活させて、日本で確定申告できる状態にしたいと考えています。

※2020年8月21日追記
この記事を読んでくれた知人が、なんと海外転出をしていても確定申告できたという体験談を教えてくれました!
具体的には実家を「居所」として申告できたそうです。

海外転出したまま確定申告できるなら、個人的には非常にありがたい…!
私もやってみて、成功した際にはブログで方法を紹介します!

Q.医療保険はどうしているの?

基本的に、クレジットカード付帯の海外旅行保険を「自動付帯」と「利用付帯」で組み合わせて、最長連続6ヶ月有効な状態にしています。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

6ヶ月を過ぎてからは一度帰国することで再度有効化できるんですが、今年はコロナ禍の影響で帰国できていないため、急遽「Safety Wing」という別の保険に加入しました。

この保険は海外ノマドをメインターゲットに開発されていて、海外からでもネット完結で簡単に加入できます。
しかも新型コロナウイルスの治療費にも対応。

この「Safety Wing」についても、近々別記事で詳しく紹介したいと思います。

Q.英語話せるの?

簡単な日常会話ならなんとか、という感じです。

TOEICの点数でいうと2017年時点で865点でしたが、そこそこ高得点だと思うんですが実態は「話せる」には程遠い状態です。

私の英語学習に関する記事はこちらをどうぞ!

Q.英語話せなくても海外で暮らせる?

あくまで個人的な意見ですが、「コミュニケーションをとろう」という心意気さえあればどこでも暮らせると思います。
ただ、話せた方がなにかと便利だろうなとも思います。

Q.フィリピンは海外在住フリーランスにオススメ?

ビザの観点ではかなりオススメです。
お金さえ払えば観光ビザで3年連続いられる国というのは、世界的にもかなりレアじゃないかなと思います。

生活費の面でも、フィリピンの地方都市であれば日本よりかなり安く済むのでオススメです。

難点としては、まずWIFI。
20数カ国まわってきた経験からも、フィリピンのWIFIは世界屈指の遅さ・不安定さだと自信を持って言えます。

あとは治安や利便性なども微妙かもしれません。

私はマニラやセブなどの都会は知らないんですが、とりあえずドゥマゲテは、東南アジアの田舎の雰囲気が好きな人なら結構快適なんじゃないかと思います。

WIFIさえもう少し安定していれば、ドゥマゲテはもっと力強くオススメしたい素敵な街なんですけどね〜。

Q.海外在住フリーランスは何が大変?

これについてはこちらの記事をどうぞ!

上記は10ヶ月時点の所感ですが、1年半経った今あえて付け加えるなら、コロナ禍などの緊急事態ではフィリピン滞在はデメリットが増えると感じています。

詳しくはぜひこちらの記事をご覧ください。

Q.どうしたら海外在住フリーランスになれるの?

こちらも別記事にまとめていますのでどうぞ!

あと、フリーランス以外の方法も含め、海外で生活する手段を私が思いつく限りまとめた記事はこちらです。

最後に:海外在住フリーランス楽しいです(今のところ)

フリーランスを始めたときは、仕事が軌道に乗らなかったり、資金が尽きて帰国せざるを得なくなったりするかもしれないと覚悟していたんですが、今のところなんとか続けられていて、本当にありがたい限りです。

あくまで私の場合ですが、海外在住フリーランスになってからは日本の会社員時代より収入は減ったものの、人生の幸福度が爆上がりしました。
もちろん大変なこともたくさんあるんですが、それを差し引いても余りある充実感が得られているなぁと感じます。
勇気を出してチャレンジして本当によかったです!

とはいえ、まだ1年半だし、これからどうなるのかは自分でもさっぱりわかりません。
とりあえずもう少しの間は、今のスタイルで頑張ってみようと思います!

関連コンテンツ