韓国旅行

韓国旅行必須アプリ!Naver Mapの使い方を完全解説

韓国旅行

韓国のソウルに語学留学中のchieです。

韓国に来て驚いたことの一つが「Google Mapが使えない」です。

いや、正確には、使えることは使えるんですが、かなり機能が制限されていてとても使いづらい。

世界20カ国以上旅してきましたが、Google Mapが使えないなんて韓国が初めてだったので戸惑いました!

そこでGoogle Map代替アプリとして使えるのが、今回ご紹介する「Naver Map」です。
この記事ではNaver Mapの各機能と、それぞれの使い方を詳しく解説したいと思います。

韓国旅行や韓国留学を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも何故Google Mapが使えないの?

一応、韓国でもGoogle Mapの使用自体は可能です。

ただし、実際にお手元のGoogle Mapアプリもしくはウェブサイトで韓国を表示するとわかりますが、ざっくりと以下のような難点があります。

  • 場所の表示がハングル(と少しの英語)のみ
  • ルート検索がバスや電車しかできない
  • 全体的に位置情報に誤りが多い
  • スポットの登録が少ない(レビューも当然少ない)
韓国 googlemap
こちらがGoogle Mapで見た韓国の地図です。
スポットも少なくハングルのみで外国人には解読不能。

はい、これはもう外国人観光客には実質使えません。
また、現地の韓国人のみなさんもGoogle Mapは基本的に使っていません。

それにしても、世界で最も利用されている地図であるはずのGoogle Map。
一体なぜ韓国では使えないのか?

これは、韓国が法律で「国土交通省の許可なしに国外に地図データを共有しない」と定めているためです。
Googleは韓国にとって国外企業のため、法律に従い地図データを渡していないということですね。

この背景には、韓国がいまだ北朝鮮と休戦中(戦争が終結していない状態)であるという事実があります。
戦争が再開する可能性のある現状では、地図データは国の安全保障に関わる機密データに値するということです。

韓国は観光先としてオープンな国ですが、実際に訪れてみるとこういった法律や兵役義務などの安全保障要素を目の当たりにし、確かにいまだ終戦していないのだと実感させられます。

代替アプリは「Naver Map」一択でOK

naver map

Google Mapが使えないと聞くとかなり心細くなりますが、安心してください。
韓国旅行には「Naver Map」さえあれば問題なしです!

ちなみに、日本人が韓国で使う地図アプリでは「kakao map」「コネスト韓国地図」も有名ですが、個人的には「Naver Map」一択でいいかと思います。
理由は下記の通り。

<Naver Map>
・韓国語、英語、中国語、日本語に対応している
・ルート検索ができる
・韓国最大のポータルサイト「Naver」にサービスなので情報の信憑性が高い
<kakao map>
・日本語に対応していない
<コネスト韓国地図>
・ルート検索ができない
・口コミ情報が日本人のみ

つまり、日本語で使えてルート検索が使えて(別途乗換案内アプリをインストールする必要なし)情報量が多いのがNaver Mapということです。
現地の韓国人にもNaver Mapを一番にすすめられました。
私はあえて日本人の口コミを読みたい時だけサブ的にコネスト韓国地図を使ったりしています。
iOS版Naver Mapはこちら
Android版Naver Mapはこちら

Naver Mapの機能一覧

Naver Mapには、具体的に以下のような機能があります。

・現在地表示
・スポット検索
・スポット情報表示
・お気に入り登録
・ルート検索
・地下鉄路線図表示
・カーナビゲーション
・ストリートビュー表示
・衛生(航空写真)表示
・地形マップ表示
・交通情報表示
・CCTV位置、映像表示
・その他自転車道、登山路などの表示

このようにGoogle Mapとほぼ同様の機能が使えます。

唯一残念な点として、Naver Mapはオフライン状態では使用できません。
まぁGoogle Mapのようにダウンロードできてしまうと安全保障対策の意味を成さないですもんね^^;
諦めてSIMを買いましょう。

それではここから先は、代表的な機能の使い方を解説していきます。

Naver Mapの使い方:1.言語設定

1.検索ボックス左のハンバーガーボタンをタップ

naver map 言語設定

2.メニューから一番下の「설정」(設定)をタップ

naver map 言語設定

3.下の画像の赤囲み部分をタップ

naver map 言語設定

4.「日本語」をタップして完了!

naver map 言語設定

Naver Mapの使い方:2.スポット検索

検索ボックスにスポット名を入力して、表示される候補から選択すればOK!

naver map スポット検索

↓このように該当スポット、距離、移動時間などが表示されます。

naver map スポット検索

↓ちなみに電話番号検索も可能です。地味に便利!

naver map スポット検索

↓さらに、検索ボックス入力モード時に表示されるこちらのスポット候補から選んでタップすると

naver map スポット検索

↓現在地付近のスポット候補を一覧表示してくれます。

naver map スポット検索

↓画面下のメニューから一番左の「周辺」をタップしても似た機能が使えます。

naver map スポット検索

↓試しにfoodをタップすると

naver map スポット検索

↓こんな感じでレストラン候補を一斉表示してくれます。この画面の上のバーから「Koream(韓国料理)」「Japanese(日本料理)」などでの絞り込み表示も可能。

naver map スポット検索

非常に便利ですが、特定のスポットを探したい場合、日本語入力だけだと出てこない場合もあります。
スマホに韓国語のキーボードもインストールしておくことをおすすめします!
アプリ「Gboard(Googleキーボード)」で簡単に設定できます。
iOS版はこちら
Android版はこちら

Naver Mapの使い方:3.スポット情報表示

地図上のスポットをタップすると、このようにスポット情報が表示され、住所、電話番号、営業時間、レビューなどGoogle Mapと同様の情報が見られます。

naver map スポット情報

現地韓国人のレビューが見れるんですが、↓このように当然韓国語。
そこでおすすめなのはCromeで開いて自動翻訳することです。とても簡単です。

naver map スポット情報

↓レビューを一つ開いて、右下のシェアボタンをタップします。

naver map スポット情報

↓この赤囲みをタップするとレビューのURLをコピーできます。

naver map スポット情報

↓Cromeを開いてURLをペーストし、表示される自動翻訳をタップするとこの通り!

naver map スポット情報

Naver Mapの使い方:4.ルート検索

1.画面下のメニュー一番左「ルート検索」をタップします。

naver map ルート検索

2.出発地と目的地をそれぞれ入力します。

naver map ルート検索

3.こんな感じで経路候補が詳しく表示されます。電車の乗り継ぎや値段も検索できるので電車関連のアプリを別途インストールする必要がありません。

naver map ルート検索

4.経路を選ぶと、こんな感じで地図上の移動経路がわかりやすく表示されます。

naver map ルート検索

Naver Mapの使い方:5.ストリートビュー表示

↓ストリートビューを見たい場所を長押しすると、右下に写真が出てくるので、その写真をタップします。

naver map ストリートビュー

↓Google Mapのようなストリートビューが表示されます。

naver map ストリートビュー

Naver Mapの使い方:5.CCTV映像表示

これは別に使い所はないんですが、ちょっと面白いので紹介します。

1.画面右側のこの赤囲みのボタンをタップします。

naver map CCTV

2.メニューから「CCTV」にチェックを入れます。

3.すると地図上にこのようなCCTVマークがたくさん出てきます。見たいCCTVをタップすると…

4.そのCCTVが録っている映像がリアルタイムで観れます。

naver map CCTV

 

これ、ちょっと面白くないですか?
私はたまに意味なくこの機能で映像を眺めたりしています(笑)

最後に:地図アプリを使い倒して韓国を満喫しよう!

韓国はツアーじゃなくても、個人で旅行するのがとても簡単な国です。
街中には日本語の表示が多いし、日本語が話せる人もたくさんいます。

そして個人旅行をさらにディープにしてくれるのがこういった現地の地図アプリです。
ぜひNaver Mapを使い倒して、ローカルに評判のお店も開拓しながら、韓国旅行をとことん満喫してください!

[史上最悪の日韓関係?]いま韓国に語学留学して感じたこと・考えたこと

[韓国]ソウルで感動した絶品韓国ご飯をごり押ししたい

[新村・梨大]勉強・ノマドワークにおすすめのカフェ9選

関連コンテンツ