ドゥマゲテ タボマーケット

[ドゥマゲテ自炊生活]食材調達におすすめのお店リスト

フィリピンに移住して10ヶ月が経ちました! chieです。

フィリピンは今、リタイアメントの移住先や不動産投資先として人気急上昇中!

私の住んでいるドゥマゲテは日本人にはまだまだマイナーな街ですが、それでも日本人の旅行者や留学生、長期滞在者が増えてきているなぁと感じています。

そんなドゥマゲテに滞在中もしくは今後来る予定のみなさん!
ドゥマゲテの食事情が気になりませんか?

例えば、
食費はどれくらいかかるのか。
自炊は可能なのか。
美味しいレストランはあるのか等々。

ちなみに駆け出しフリーランスの私にとって、節約の肝である自炊は結構重要です…!

[フィリピン移住]1カ月でかかる費用はいくら?生活水準も公開

それに外食ばかりだとどうしても飽きるし、できれば自分の好きな時に好きなものを食べたい。
「海外で自炊したい派」の人は少なくないと思います。

そこで今回は、私がドゥマゲテでの自炊生活で利用している、食材調達におすすめのお店をリストアップして紹介したいと思います。
すべて私が実際に品物を買って品質に満足したお店です。

ドゥマゲテ滞在中に自炊で食費を抑えたい方、買うお店を外したくない方など、ぜひ参考にしてください!

食材1:野菜、果物、魚

タボマーケット

タボマーケット ドゥマゲテ

営業:火12時~18時/水4時半〜18時/金4時半〜18時/土12時~18時
定休:月・木・日

野菜・果物はスーパーマーケットでも普通に売っているんですが、高い&萎れてて元気がないことが多く、個人的にはローカル市場が断然おすすめです。
安くて新鮮で品数も多く、日本で売っているほとんどの野菜・果物は手に入ります。

ここタボマーケットは地元の農家が有機栽培食物を卸していて、とてもピースフルな雰囲気の市場です。
基本的に外国人価格をふっかけられることもなく、明朗会計で安心して買い物できます。

水曜と金曜の午前中は魚も売っています!
私はまだ買ったことがないんですが、多分キロ単位で切り売りしてくれると思います。

ちなみに、ダウンタウンにある「ドゥマゲテマーケット」だとさらに品揃えがいいです。
敷地がとても広く、日用品もたくさん売っています。観光に行くのも楽しいかも。

▼こちらの動画でタボマーケット含むドゥマゲテのローカル市場を紹介しています

食材2:牛肉、豚肉

Blue Pearl Meat Restaurant

営業:10時〜22時半
定休:なし

お肉もスーパーマーケットでも購入できるんですが、私が買ったときは美味しくなかったですTT
そこでおすすめなのが、こちらの韓国料理レストラン「Pearl」です。

サムギョプサルやしゃぶしゃぶといったお肉料理の専門店で、牛肉と豚肉をテイクアウトできます。

ドゥマゲテ pearl テイクアウト

こちらがメニューと価格。
豚肉はバラ肉・ハラミ肉・首肉、牛肉は薄切り肉・中落ちカルビ・肩ロース・みすじ肉・テンダーロインなどが買えます。
豚肉はフィリピン産、牛肉はメインは韓国産のようですね。

買う時は店内の専用カウンターで品名とg数を伝えて注文します。
スタッフさんにお肉の厚みを聞かれるので「しゃぶしゃぶくらい!」「サムギョプサルくらい!」など好みの暑さを伝えてください。

お肉専門店だけあって、ここでテイクアウトするお肉は豚も牛も美味しいです。
お値段も日本と比べると手頃で助かります!

食材3:卵、牛乳、ヨーグルト

シリマン大学農場

ドゥマゲテ シリマン大学 農場

営業:8時〜12時/14〜17時 ※12〜14時はお昼休憩
定休:日

こちらはフィリピン国内ではなかなかの名門と言われているシリマン大学が運営する農場です。
一般向けに卵、牛乳、牛乳アイスバーなどを販売しています。

卵も牛乳も前日もしくは当日の採りたて・搾りたてなので新鮮で美味しいです。
私はここの卵は生でも食べています。(念のため殻だけ洗ってます)
※自己責任でお願いしますm(_ _)m

入口に警備員さんがいますが、「牛乳買いに来ましたー!」とか言えば普通に入れてくれます。
敷地内には田んぼが広がっていて、ヤギが放牧されていたりのどかな風景です。

NORIENT FRESH DAIRY PRODUCTS

営業:7時半〜17時
定休:日

ここも農場ですが、オフィスに行くと一般向けに新鮮な牛乳やヨーグルトを売っています。
ヨーグルトは酸味が少ないプレーンな味で美味しいです。
私はマンゴーやジャムを入れて食べるのがお気に入りです^^

食材4:パン、ハム、ソーセージ、チーズ

Why Not?

ドゥマゲテ why not

営業:6時〜26時
定休:なし

この「Why Not?」はレストラン兼ディスコなんですが、美味しいパンや加工品も販売しています。

私はここのバゲットが特に好きなんですが、結構すぐ売り切れてしまってなかなか買えませんTT

変わり種としては、ヤギの乳製品も売っています(ヤギミルクやヤギミルクヨーグルトなど)。

食材5:韓国食品(キムチ、豆腐、麺類)

Fish153

営業:9時〜21時
定休:日

こちらは韓国家庭料理レストランですが、小さなマートも併設していて、韓国食品をかなり豊富に取り扱っています。

私が特に重宝しているのがキムチ豆腐
ここのキムチは個人的にドゥマゲテで一番好きです。美味しい。
そして豆腐が普通のスーパーだとなかなか見つからないので、ここの韓国製豆腐を使っています。

他にもマンドゥ(餃子)、グクス(うどん麺)、たくあん、ダシダ(牛骨だしの素)、唐辛子粉、みりん、ごま油、ソジュ(料理酒代わり)、コチュジャン、プルコギソース、韓国のアイス等々、もう本当にお世話になってます。
韓国の調味料は日本の調味料と味が近いので、日本食をつくるときにも使いやすくてありがたいです。

食材6:和食調味料

Robinsons Supermarket in Robinsons Mall

営業:9時〜21時
定休:なし

私の知る限り、日本食の調味料の品揃えが一番豊富なのがこのスーパーマーケットです。
このスーパーはダウンタウンにもありますが、こちらのロビンソンモールの中の店舗が一番種類が置いてあります。

私はどうしても日本製を使いたい調味料(ポン酢、すし酢など)は日本から持ち込んでいますが、このスーパーで買う時もあります。
ただ、タイミングによって品揃えが違うようで、欲しい商品があったりなかったりしますTT

食材7:その他

Robinsons Supermarket Perdices

食材6と同じスーパーマーケットのダウンタウン支店です。
モール内店舗ほどではありませんが品揃えがよく、ほとんどの食材はここで手に入ります。

私は鶏肉、ベーコン、卵、米、食パン、バター、インスタント食品、お菓子などを大体ここで買っています。
たまに食材2で紹介した「NORIENT FRESH DAIRY PRODUCTS」の牛乳が仕入れられているときもあります。

最後に:ドゥマゲテは自炊愛好家にも優しい街

実際に来る前はドゥマゲテでどれくらい自炊できるのか不安だったんですが、いざ住み始めると必要な食材はほとんど手に入ることがわかりました。
ドゥマゲテ、自炊に優しい街です!

食材はOKなのでむしろ広いキッチンが欲しいこの頃です^^;

もちろん、日本のスーパーのように1箇所で全て手に入らない分不便ではあるんですが、海外生活だとそれもまた楽しい。
市場で元気のいい野菜が買えるとそれだけで幸せな気持ちになります😊

この記事がみなさんのドゥマゲテ自炊ライフに少しでも貢献できますように!
次はドゥマゲテの外食事情も紹介しますのでお楽しみに!

[フィリピン]ドゥマゲテのWIFIカフェおすすめ11選

[フィリピン留学・フィリピン移住]セブではなくドゥマゲテを選んだ理由

関連コンテンツ