シンフォニークルーズ

[体験談]東京湾ディナークルーズでデートしてみた!

シンフォニークルーズ

みなさん船はお好きですか?
私は大好きです!

好きすぎて、旅先ではとりあえず船に乗ります。

メコンデルタ(ベトナム)
メコンデルタ(ベトナム)
アユタヤ(タイ)
アユタヤ(タイ)
ヴェネツィア(イタリア)
ヴェネツィア(イタリア)
ヴァッハウ(オーストリア)
ヴァッハウ(オーストリア)
フォーレンダム(オランダ)
フォーレンダム(オランダ)
ブダペスト(ハンガリー)
ブダペスト(ハンガリー)

そしてエーゲ海!

初めての海外一人旅はクルーズ旅行がおすすめ(メリットとデメリット)

そんなクルーズ大好き人間の私が満を持して、遂に母国日本の東京湾クルーズを体験しました!

しかも豪華ディナー付きデートで利用しました!
いやー生きてるといいことあるもんですねTT

そこで今回は、東京湾ディナークルーズの魅力を実体験に基づいて暑苦しく語りたいと思います。

結論から言うと、東京湾ディナークルーズは最高です!
世界の船に乗りまくった私が言うんだから間違いありません(偉そうに)

自分で行くのももちろんですし、ギフトにもおすすめです。
最後にギフト購入の仕方も紹介しますので、是非参考にしてみてください!

東京湾クルーズ3社の基本情報

食事付きの東京湾クルーズはいろいろとあるんですが、屋形船と御座船を除くと以下3社が代表的だと思います。

  • 東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」
  • 東京湾クルーズ「ヴァンテアン」
  • ザ・クルーズクラブ東京

それぞれのクルーズの基本情報をわかりやすくまとめてみました。

東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」

<船>
・モデルナ(83.2m)
・クラシカ(70m)

<クルーズプラン>
・ランチクルーズ(11:50〜14:00)
・アフタヌーンクルーズ(15:00〜15:50)
・サンセットクルーズ(16:20〜18:20)
・ディナークルーズ(19:00〜21:30)

<金額(一人分)>
・ランチクルーズ:5,200円〜13,400円
・アフタヌーンクルーズ:2,100円〜3,000円
・サンセットクルーズ:5,200円〜17,400円
・ディナークルーズ:6,200円〜21,600円

<料理>
フレンチ/イタリアン/和食

東京湾クルーズ「ヴァンテアン」

<船>
ヴァンテアン(64.83m)

<クルーズプラン>
・ランチタイムクルーズ(12:00~14:00)
・トワイライトクルーズ(16:20~18:20)
・ディナータイムクルーズ(19:20~21:20)

<金額(一人分)>
・ランチタイムクルーズ:5,300円〜9,300円
・トワイライトクルーズ:5,300円〜9,300円
・ディナータイムクルーズ:9,500円〜15,000円

<料理>
フレンチ

ザ・クルーズクラブ東京

<船名>
レディクリスタル(46.5m)

<クルーズプラン>
ランチクルーズ(12:00〜13:40)※土・日・祝限定
ディナークルーズ(19:00〜21:00)
ナイトクルーズ(21:30〜22:30)※フリードリンクのみ

<金額(一人分)>
ランチタイムクルーズ:7,300円〜9,500円
ディナークルーズ:13,550円〜21,650円
ナイトクルーズ:4,250円

<料理>
フレンチ

※上記の他にも、各会社それぞれ色々とスペシャルプランが用意されています。


航路は3社ともほぼ同じようですが、ヴァンテアンだけ東京ゲートブリッジをくぐるコースが無いみたいですね。
船の大きさはモデルナ(シンフォニー)>クラシカ(シンフォニー)>ヴァンテアン(ヴァンテアン)>レディクリスタル(クルーズクラブ東京)となっています。

価格帯が幅広くて乗船時間が長めなのがシンフォニーで、やや高級めなのがザ・クルーズクラブ東京、中間がヴァンテアンという感じでしょうか。
機会があれば是非全部乗り比べてみたい…!

さて、上記3社の中から私が乗船したのは、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」のクラシカ号です。
ディナーコースは「シンフォニーロワイヤル」でした。

それではここから当日の様子を時系列でレポートします。

1.乗船

シンフォニークルーズ

日の出桟橋の乗船所で18時45分まで(出港の15分前まで)に手続きをします。
受付でチケットを渡して待合室で待っていると「クラシカ乗船のお客様〜」とアナウンスがあります。

シンフォニークルーズ

乗船前のスペースに船員服の記念撮影コーナーがありました。
何故か目が泳いでますが、こういうの楽しいです!
もちろん男性用や子供用の船員服もあります。

平日でしたがお客さんはたくさんいました。
外国人団体のお客さんも多かったです。

2.ディナー

乗船すると船員さんがレストランの席に案内してくれます。
シンフォニーロワイヤルコースは窓際の席限定です。

シンフォニークルーズ

大きい窓から見える東京湾の夜景が最高です!
興奮して二人で写真撮りまくりました。

シンフォニークルーズ

レストランではピアノの生演奏も。
この上なくロマンチックな雰囲気です。

シンフォニークルーズ

ディナーのお品書きがこちら。
ドリンクだけ別途その場で支払いです。
二人ともお酒が飲めないんですが、ノンアルコールのカクテルがあったので嬉しかったです。

シンフォニークルーズ

料理も美味しかったです!
レストラン内が薄暗いので私の携帯ではあまり綺麗に写真が撮れませんでした。
でもその薄暗さのおかげで、窓から夜景がとても綺麗に見えます。

3.夜景スポット

ディナーをいただきながら、窓から東京湾の夜景を堪能します。

シンフォニークルーズ

最初はレインボーブリッジです。
下をゆっくりくぐっていきます。

シンフォニークルーズ

続いて大井コンテナヤード
ガントリークレーン(通称「キリン」)が幻想的!

シンフォニークルーズ

そして遂に来ました、東京ゲートブリッジ(通称「恐竜橋」)。
めちゃくちゃかっこよくて大興奮でした!
海岸から眺めるのも好きだけど、下をくぐるのもまた別の感動がありますね。

今度は是非上を渡ってみたいです。
なんと徒歩でも渡れるらしい。

シンフォニークルーズ

ゲートブリッジを越えた後、遠くにうっすらですがディズニーリゾートの花火も見えました。

その後、船が大きく旋回して羽田空港の横を通ったんですが、反対側の窓になるので遠くてあまりみられませんでした。
逆側の窓からは空港の夜景がさぞ綺麗に見えただろうと思います。

4.デッキ〜下船

コースの料理が終わったらデッキに出られます。
このデッキからの夜景が本当に素晴らしいです!
もっと早く料理食べて出ればよかった!

シンフォニークルーズ

シンフォニークルーズ

シンフォニークルーズ

シンフォニークルーズ

シンフォニークルーズ

シンフォニークルーズ

最後、ちょっとだけ船内を探検しました。
こういう小さなショップがあって、お土産が買えます。

あっという間の2時間半でした!
海から見る東京の夜景って、陸からとはまた一味違って、とても幻想的です。
夢を見ているような気分でした。

シンフォニーのチケット購入方法

各種ウェブサイトから簡単に購入できます。

是非いろいろなコースを見比べてみてください!
サイトを見てるだけでも楽しくなります^^

クルーズチケットはギフトにもおすすめ!

実は今回のこのディナークルーズは、父が私に誕生日ギフトとしてプレゼントしてくれたものでした。
いやもうほんと最高のプレゼントでした!ありがとうお父さん〜!!

むしろ私が両親にプレゼントすべきですわ^^;

シンフォニークルーズ

ギフトの場合は、こんな感じの素敵なカードが家に届きます。(写真は公式サイトより)
もうこれが届いた時点でテンション爆上がりです。

このギフトカードの素晴らしいところは、購入時点で乗船日が未定でもOKな点です。
発行から1年以内であればいつでも利用できます。

ギフトカードを受け取った側は、期限までに乗船日を決めて、ウェブサイトか電話で予約をすればOK。
送られた側に発生する費用はディナーでのドリンク代のみです。

ギフトカードはシンフォニー公式サイトのこちらのページから購入可能です。

ご家族や大切な人への特別な贈り物におすすめです^^

最後に:いつか貴賓室を貸し切りたい

東京湾クルーズを実施している3社とも、プロポーズプランやウエディングプランなどのスペシャルプランもいろいろとあるようです。

ヴァンテアン
ヴァンテアンの船上ウエディング
(写真は公式サイトより)
シンフォニークルーズ
シンフォニーの貸切デッキ付き貴賓室「エロイカ」
(写真は公式サイトより)

いや〜ヤバイですね!
写真見てるだけでテンション上がりますね。

なんでクルーズってこんなにロマンチックなんだろう。
妄想が果てしなく膨らみます。

そして意外とそこまで手が届かない値段じゃないのがまた嬉しいです。
頑張って稼いで、いつか貴賓室を貸し切りたい!

シンフォニークルーズ
最新情報をチェックしよう!