[AdobeCC]社会人が学生並に安く購入する方法(2019最新)

在宅フリーランスとしてデザインや動画編集を請け負っています、chieです。

私がこうして自宅で仕事ができているのは、ひとえに「Adobe Creative Cloud」のおかげです。
PhotoshopもIllustratorもPremiereも、必要なソフトはほぼ全てこのパッケージの中に入っています。

AdobeCCは、デザインで稼ぐ人ならほぼ誰もが持っている必須のパッケージです!

でもこのAdobeCC、かなりお高いんですよね…。
どれくらい高いかと言うと、

<個人向けコンプリートプラン>
●年間プラン月々払い:¥6,134(税込)
●年間プラン一括払い:¥71,020(税込)

いやぁ、なかなか破壊力のある価格です。
7万円あれば海外往復できちゃいますからね。
「本格的なデザインにチャレンジしてみたいけど、価格がなぁ…」と躊躇っている人も相当多いのではないでしょうか。

でも、もしAdobeCCが社会人でもほぼ学生価格で買えるとしたら?
実はAdobeCCは、購入方法によっては年間¥39,300まで価格を抑えることができるんです。

通常価格よりなんと¥31,720も安い!
これなら学生の2年目以降価格(¥38,620)とほぼ同額です。

そこで今回は、通常¥71,020かかってしまうAdobeCCコンプリートプランを、ほぼ学生価格の¥39,300で購入できる方法を紹介します。

はじめにお伝えしておきますが、怪しい方法では一切ありませんのでご安心ください!
(Adobeが公認している真っ当な方法です)

この購入方法は界隈では有名らしいんですが、知らないままの人も意外と多い気がします。
私も知り合いから直接聞くまではずっと、あまりに高いので購入を躊躇っていました。
この方法のおかげで購入に踏み切り、デザインの仕事にチャレンジすることができました!

ちなみに既に社会人価格で購入済の人もこの方法に乗り換え可能です。
乗り換え方法も本記事内で説明します。

方法:オンラインスクール経由で購入する

学生価格で買いたいなら、方法は実にシンプル。
実際に学生になってしまえばいいんです。

安心してください、「学生になる」といっても、実際に入学したり通ったりする必要はありません。
Adobe公認のオンラインスクール経由で購入するだけでOKです。

具体的には、下記の2つのオンラインスクールを通してAdobeCCコンプリートプランを購入できます。

※Adobe公認オンラインスクールは他にもありますが、年間税込¥39,300のみでAdobeCCコンプリートプランを購入できるのは2019年7月現在でこの2校のみです。
(Adobe公式サイト「プラチナスクールパートナー」参照)

疑問1:お金以外に購入条件は無いの?

ありません。
オンラインスクールの学生になるわけですが、オンラインで必ず授業を受けなければいけないというような縛りもありません。
購入後はAdobeCCのソフトウェアを純粋に好きなだけ使ってOKです。

逆に、たのまな・デジハリ両校とも¥39,300の中にオンライン講座受講料も含まれているので、講座を受けてAdobeソフトの使い方をマスターするのもアリです!
ソフトを安く買える上に講座も付いてくるなんてありがたすぎますね。。

疑問2:商用利用できるの?

できます。
ばんばん仕事に使って稼いでOKです。

疑問3:パッケージの内容に通常購入との違いは無いの?

ありません。
全く同じ内容が使えます。
通常購入と同様、Adobe登録フォントも使えるしAdobeファイルストレージも使えます。

疑問4:2年目以降も同じ価格で使えるの?

基本的には使えます。(再び申し込むor契約を更新すればOK)
ただし値上がりする可能性もゼロではありません。

実はAdobeCCのオンラインスクール経由購入価格は、2019年5月末までは年間税込¥29,800でした。
しかし2月にAdobe自体がソフトウェア価格を値上げしたため、オンラインスクール経由購入価格も値上がりしたのです。

また、Adobeが値上げせずともオンラインスクールの方で値上げされる可能性もあります。

引き続き今の価格で使えることを願うばかりですが、少なくとも1年間安く使えるだけでもありがたいと考えるべきかもですね^^;

※ちなみに、たのまなの方は期間限定キャンペーンと銘打っていますが、このキャンペーンは今のところ毎月(10日過ぎ〜月末まで)実施されているので、毎月のキャンペーン実施中のどこかで申し込みすればOKです。

購入の流れ

たのまな、デジハリともにオンライン完結で購入可能です。
ここではたのまなの方で購入の流れを解説します。

1.たのまな公式サイトのキャンペーンバナー(下の赤枠のどれか)をクリック

たのまな アドビ


2.スクロールして「お申し込みはこちら」をクリック

たのまな アドビ


3.注意事項に同意

4.商品カゴ画面下部の「購入手続きに進む」をクリック

5.個人情報を入力→確認→完了

購入が完了したら、登録したメールアドレス宛に3日程度でインストール用のLIVEコードが届きます。
あとはメールの説明に従ってインストールを完了すれば、Adobeライフのスタートです!

通常購入からの乗り換え方法

一番簡単なのは、通常購入したAdobeCCの契約終了に合わせてオンラインスクールで購入することです。
「使い切ってから新しいのに乗り換える」というシンプルなパターン。

さらに、契約を途中解約して乗り換えたいという人もいると思います。
ここで悩ましいのは、AdobeCCを途中解約すると解約手数料が発生するという点。

でも大丈夫です。
オンラインスクール講座への乗り換えの場合は、なんと解約手数料を免除してもらえます。
方法は簡単で、Adobeチャットサポートに乗り換えを連絡すればOK。
Adobe側で手数料なしで解約処理をしてもらえます。

自分で解約手続きをしてしまうと解約手数料がかかってしまいますが、その後でチャットサポートに連絡しても返金の救済措置を取ってもらえるそうです。
素晴らしい対応!

↓こちらの体験談が参考になります
AdobeCCコンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話

さらにさらに、チャットサポートへの連絡も面倒という人には↓こういう裏技もあります。
AdobeCCの年間プラン・月々払いの解約金を無料で回避する方法

AdobeCCは手続きを踏みさえすれば、実質解約金無料で解約できるということになりますね。

たのまなとデジハリどっちがおすすめ?

講座内容が充実しているのはたのまなです。
PhotoshopやIllustratorといったメインどころ含め、計8つのソフトウェアそれぞれに対して2〜3回ずつのカリキュラムがあり、かなり網羅的です。
1カ月間めいっぱい学べると思います。

デジハリの方は、なんといっても購入後すぐにインストール可能なのがメリットです。

価格面ではどちらも同じなので、講座を使い倒したいならたのまなを、すぐに使いたいならデジハリをおすすめします!

最後に:AdobeCCは楽しいぞ!

私は現在、AdobeCCのソフトウェアを使って

・画像加工
・デザイン作成
・入稿データ作成
・動画編集
・アニメーション作成
・音声編集

などをしています。
Adobeフォントもこれでもかと使い倒しています。

これだけ色々なことができてしまうAdobeCCコンプリートプランは、私にとってもはやなくてはならない夢のツールです。

Inkscape、GIMPなど無料ソフトウェアも使ってみましたが、やっぱりAdobeCCと比較すると使い勝手が雲泥の差です。
何よりAdobeCCは「こんなこともできるんだ」という感動の連続で、いじってて楽しいしワクワクします!

年間¥39,300なら、月額換算しても¥3,025。
ランチ3日分くらいだと思えば安いものです。

今まで価格で二の足を踏んでいた方、ぜひオンラインスクールの講座を利用して、お得にAdobeCCライフを手に入れてください!

最新情報をチェックしよう!