海外一人旅は怖い?私が怖さを払拭した7つの方法

海外一人旅大好き!chieです。

私が海外旅行にハマりだしたのは約5年前。
そこから今に至るまで、一人で20カ国以上を旅してきました。

でも実は、ハマる以前の私は海外が怖くて怖くて仕方がありませんでした。

英語わからないし。
チップとかわからないし。
飛行機とかホテルとかレストランとか観光とかぜーんぶわからないし。

「そもそも女一人で海外なんて危ないじゃん、行く人の気が知れんわ」と思っていました。
パスポートさえ持っておらず、このまま日本から一歩も出ずに死ぬ気満々でした。

そんな私がどうやってその恐怖を払拭して一人旅できるようになったのか?
今回はその方法を紹介したいと思います。

特に海外一人旅がしてみたいけど怖くてできないでいる方に是非参考にしてみてほしいです!

ちなみに、今回紹介するは「ツアーやパッケージ参加」ではなく、「移動・宿泊その他旅行にかかる全ての手配を自分で行うタイプの一人旅」に対する恐怖の払拭方法です^^

方法1:先人たちの体験談を読みまくる

海外在住フリーランスになる方法

当時の私は「海外一人旅する人なんて激レアさんだ」と思っていました。
今思うと自分の周りにも経験者は少なからずいて、決して激レアさんではなかったんですが^^;

当時の私は「激レアさんだからできるんだ=私なんかにできるわけない」と、逃げの論理に持っていきたかっただけな気がします。

そんな私の意識を変えてくれたのが、数々の先人たちの体験談です。
まず、「海外一人旅をする人ってこんなにいるんだ!」と驚きました。
女性の海外一人旅も決して珍しくないのだと知りました。

なんなら、英語が話せない人や、方向音痴の人だって多い。
70代や80代で一人旅をしている女性、身体的障害を持ちながら一人旅している女性もいました。

たくさんの体験談を読んでいるうちに、「あれ?もしかして私にもできるんじゃない?」と思えるようになりました。

体験談を一番手軽に読めるのはブログです。
ネット上では海外旅行を記録したブログが無限に見つかります。
読んでいるだけで、自分も旅を疑似体験させてもらっているようで最高にワクワクします。

私は当時、にほんブログ村の世界一周ランキングに参加しているブログを読むのが趣味でした。
初海外チャレンジャーから一人旅の玄人まで、バラエティ豊かな旅の様子をリアルタイムで追いかけられます。

読んでいたのが3〜4年前なので情報としては古くなってしまいますが、私が特に好きだったブログを紹介します。

  • カエルダッシュ
    夫婦で世界一周したお二人の旅の様子をほぼリアルタイムで発信していたブログです。
    海外ならではのさまざまな出来事がユーモアたっぷりの文章で綴られていて、本当に面白い。
    毎日読むのがとても楽しみでした。
  • 金作。生涯トレーダーを目指すの巻。
    今現在もリアルタイム更新中!
    トレーダーさんの記録用ブログだそうですが、ときどき海外一人旅をされていて、その様子を日記形式で綴られています。
    私はこの方のあっさり淡々と旅している感じがなんだか好きで、もう長いことファン読者です。
  • TRAVEL NOTE
    女性一人で世界一周したred-travelさんの旅行記ブログです。
    もはやブログというより本を読んでいるみたい! 文章力が圧倒的すぎて、無料で読ませてもらっているのが申し訳なくなってくるほど。
    一記事読むごとに、随筆を読んだかのような爽やかな読後感が得られます。
    実は著者のred-travelさんとは私も一人旅をしていたときに偶然出会い、嬉しいことにブログの中で少し紹介してもらっています^^
  • ひとり。ふたり。
    タイトルの通り、基本は男性一人で、ときどき彼女と二人で世界各地を旅行したじゅんさんのブログです。
    とにかくお腹を壊しまくる、時には入院もしてしまうハードな世界一周記(未完)。
    にもかかわらず、そのしんどさを全く感じさせないあっさりしたテンションと、笑いが散りばめられたハイセンスな文章が大好きでした。
    実はこのじゅんさんも私にとって、一人旅中にしょっちゅう合流し一緒に観光した旅仲間です。
    ブログ中では「シモーネ」という名前でときどき紹介してくれています^^

旅行ガイドサイト「4travel」の旅行記とかもかなり参考になりますね。
自分の行きたい地域のほどんとに旅行記を見つけられると思います。

本で読む体験談もおすすめです。

鉄板中の鉄板、海外一人旅愛好家の8割くらいが読んでるんじゃないかと思うほどです。
出版から30年以上経つにも関わらず、その面白さは今も全く色褪せていません。
読み始めたら止まらなくなる、自分も旅してみたくなること間違いなしです。

私も読んでいたブログ「女ひとりで世界旅♡」のりのさんが書かれた本です。
海外一人旅(特に女性)にあるあるなトラブルがてんこ盛りで、体験談としても対処法としても参考になりまくりです。
一つ一つのエピソードが漫画になっているのでかなり読みやすい&わかりやすい、そして単純に面白い!

実はこの本はちょっと、おすすめする人を選ぶ本でもあります。
というのも、著者の上温さんはこの手記を書きながらサハラ砂漠の道半ばで命を落としてしまう、ショックな結末だからです。
それでもおすすめしたいのは、彼の文章から伝わってくる旅や冒険への情熱、理屈なしの衝動、生きることへの思いに胸を打たれ、とても考えさせられるからです。
自分の中の冒険心、死生観と向き合うきっかけになるような本です。

方法2:行きたい国の旅行計画を立ててみる

実際に行く予定がなくても、仮で計画を立ててみるのもおすすめです。
交通手段、宿の予約の仕方、スケジュールの組み立て方、一つずつ調べていくうちに、「自分には無理だ」と諦めていたものが少しずつ現実味を帯びていきます。

今はウェブ上で海外一人旅のハウツー情報が豊富に手に入る、本当に便利な時代です。
体験談ブログでも頻繁に解説されていますし、ノウハウ本も多く出ています。

方法3:何が怖いのかを具体的に掘り下げてみる

私はかつて、とにかく「海外=怖い」という印象しかありませんでした。
でも旅行計画を自分で立ててみたり、実際に海外旅行を経験していく中で、自分の恐怖心がいかに根拠がなく、漠然としていたかに気づきました。

漠然と「怖い」と感じている人は、その怖さの源をできるだけ具体的にしてみるのがおすすめです。
治安が怖いのか、英語でのコミュニケーションが怖いのか、一人で行動することが怖いのか。
その怖さの種類によって、調べる内容や対処法も変わってきます。

治安については、漠然と怖がるのではなく、行き先の犯罪発生数や外務省の発信情報、現地在住者の生の声などを拾ってみると実態が見えてきます。
言語は、現地でどの言語がどれくらい必要そうかを調べれば、あらかじめ学習しておくべき内容の目処が立てられます。

一人行動への不安は自分のメンタルから来るものかもしれませんが、現地を一人旅した人の体験談を読むことで多少和らぐかもしれません。

[史上最悪の日韓関係?]いま韓国に語学留学して感じたこと・考えたこと

方法4:ゲストハウスに泊まって練習する

ゲストハウスへ泊まることが練習になる理由は2つあります。

一つは、ゲストハウスは海外からの利用者を想定した世界標準スタイルの宿泊施設になっている場合が多いこと。
自分も実際に泊まってみることで、「ああ、海外の宿泊施設のルールもこんな感じなのかな」となんとなくイメージできるようになります。

ただ、高級ホテルだけ利用する旅行を想定している場合はあまり参考にならないかもしれません^^;

二つ目は、ゲストハウスには海外一人旅に慣れている人が多く集まること。
そしてその人たちと会話する機会があることです。

普通にホテルに一人で泊まっても、他の滞在客と話す機会はあまり無いと思いますが、ゲストハウスでは共有スペースやドミトリーで必ずと言っていいほど他の宿泊者との交流が発生します。
外国人旅行者と出会えることも多いです。

海外一人旅の先輩たちに混じって話をすることで参考情報が聞けるし、自分もその一員になる感覚がつかめると思います。

方法5:ツアー旅行に参加して練習する

個人的に一番有効だった方法です。
私の場合はクルーズツアーに一人で参加しました。

初めての海外一人旅はクルーズ旅行がおすすめ(メリットとデメリット)

パッケージツアーの場合、移動や宿泊は旅行代理店の手配で、現地では自由行動できる内容のものもたくさんあります。
いきなり完全個人手配が不安な場合は、こういった「適度に一人旅」の状態で海外旅行を始めると、ナチュラルに恐怖心が払拭できると思います。

「海外にまだ一度も行ったことない」という人に特におすすめです。
パッケージツアーでも一人が不安だったら、友達と一緒に行ってみてもいいと思います。

方法6:留学して練習する

実は、私の周りの海外一人旅仲間には留学経験者がとても多かったんです。
本人たちはどう感じているかわかりませんが、海外経験ゼロの私から見ると「やはり留学経験があると強いなぁ」と感じました。

私も長期一人旅の最初にフィリピン留学をしたんですが、この留学期間で海外での一人行動に慣れた面は大きいと思っています。

さらに、英語留学の場合は言語の不安も払拭できます。
トラベル英会話コースを持つ学校も多いし、同じように「旅行で英語を使えるようになりたい」という生徒仲間にも出会えてモチベーションも上がること間違いなしです。

方法7:仲間を見つけて情報交換する

これは海外一人旅を決断する最終段階としておすすめの方法です。
自分と同じように海外一人旅を目指す仲間を見つけて、お互いの旅行計画を語り合うこと。

私の場合は、自分でも旅行記ブログを開設して、方法1で紹介したにほんブログ村のカテゴリーに登録することで、ブログを通して同じように旅行を計画中の友達とたくさん知り合うことができました。
自分の周りには同じテンションで話せる人がなかなかいなかったので、旅行計画をかなり具体的に語り合えてとても嬉しかったし、「絶対に実行するぞ!」と決意を新たにすることができました。

ブログ以外にも、ネット上のコミュニティを通して誰かに相談してみたり、海外旅行関連のイベントに参加してみたりすることでも仲間と出会えます。

最後に:最終的に私の背中を押してくれたのはこの名言です

海外一人旅の恐怖を払拭する方法を長々と書いてきましたが、実は最終的に私の背中を押してくれたのが、先人のどなたかのブログに書かれていたこの一言です。

パリス・ヒルトンがインドに一人で放り出されたってなんとかなると思う。

パリス・ヒルトンでもなんとかなるなら私でもなんとかなるだろうと思えました。
この名言を書いてくださった方、ありがとうございます!

海外一人旅は、別にしなきゃいけないものでも、誰もにおすすめしたいものでもありません。
でも、どうしてもやってみたいけど勇気が出ないという人には、私は全力でおすすめしたいです。

漠然とした怖さだけで諦めてしまうのは本当に勿体ない!
心からそう思えるくらい、素晴らしい体験ができます。
中には私のように、海外一人旅きっかけで人生が変わってしまうパターンだってあります。

この記事があなたの背中を押すきっかけの一つになることを祈っています^^

海外旅行の強い味方!VELTRA(ベルトラ)のメリットと利用方法を解説

[イギリス]コッツウォルズウェイの歩き方解説(個人旅行もOK!)

[スペイン]アルバラシンの魅力を暑苦しく語る(行き方も解説)

関連コンテンツ